フォードF-150:テスラスタイルナビ取付動画を徹底解説

F-150テスラナビ取付 ナビ立ち上げ
F-150テスラナビ取付 AC操作可能
F-150テスラナビ取付 画面感度調節画面
F-150テスラ取付
F-150テスラナビ取付 配線接続確認

フォードF-150:テスラスタイルナビ取付動画を徹底解説

F-150 テスラナビ取付 DIY教科書

 

F-150テスラ取付

2:00 内装剥がしの工具の用意をまずします。

テスラナビについては多少の加工はありますが、カットをすることは非常に少ない商品です。

はじめに、内装剥がしの工具を用意しますマイナスドライバーなどでも内張りを剥がすことはできますが、内装に傷をつけないためにも内張り剥がし専用の工具を用意したほうが安全です。

 

F-150テスラナビ取付

2:30 内装剥がし工具でクリアランス確保。

事前に下のボルトを2箇所剥がした後に内装剥がしの工具でクリアランスを確保して下さい。

強く差し込むと傷に鳴る可能性がありますので、十分に気をつけて下さい。

これはF150に限ったことではありませんが、内張り剥がしを使うコツとしては一度に力を入れるのではなく、少しずつ徐々に力を入れていくようなイメージです。軽い力で繰り返し内張りを剥がしていくようにすると、内装を傷つけたり固定部を破損したりする危険性も低くなります。

 

F-150テスラナビ取付 パネル脱着

3:30 隠しネジが2箇所。

隠しネジが2箇所上にあるので注意をする。黒のナビがついているものと内装が「トモジメ」されています。

注:ナビのパーツと内装パーツが一緒に「共締め」されており、特殊な固定方法になっています。

F-150テスラナビ取付 パネル脱着

左右二箇所にボルトがありますので、十分に確認をして下さい。

ナビの固定パーツが外れたと思って勢いよく引っ張ってしまうと破損する危険性もあります。この部分も慎重に作業を進めましょう。

 

F-150テスラナビ取付 パネル脱着

4:10 慎重にフェイスパネル取外し。

フェイスパネルは爪でかかっているだけなので慎重に取り外しをする。

注:内装剥がしを使い取り外しをすること

西:ネジやボルトが外れていたとしても、フェイスパネルは以外と強く固定されているケースも多いため、最後まで油断せず内装剥がしを使って取り外しの作業を進めたほうが安全です。

 

F-150テスラナビ取付 ナビ取外し

5:20 純正のナビの取り外しを行う。

純正のナビの取り外しを行う、この際にステーなどは流用をする可能性があるので捨てないようにすること。そのまま取付をするTeslastyleの商品もありますが、若干の加工が必要な場合があります。

 

F-150テスラナビ取付 ナビ取外し

6:53 スイッチなどを流用をするために取り外しを行う。

取り外しは爪で引っかかっている為に後ろから押すと取り外しが楽です

注:スイッチ類の多くは爪で引っかかっているだけなので、フェイスパネルの後ろから押し出すようにすると取り外しが楽です。細かいパーツなので、車内に落として細かな隙間に入り込まないように注意しましょう。

 

F-150テスラナビ取付 メーターパネル外し

8:30 メーターの二箇所のボルトの取り外し。

注:メーターを取る際は、必ずマスキングテープを使うことをおすすめします。不安定かつ狭い場所での作業になるため、取り外し作業の最中にハンドルや内装に傷がつく可能性もあるためです。

 

F-150テスラナビ取付 メーターパネル外し

10:44 GPS系の配線の取り回しをする。

GPS系の配線を確認し、メーターの裏などから取り回しをします。GPSアンテナそのものはメーター内に貼り付けをしておくと良いでしょう。

F-150テスラナビ取付 メーターパネル外し

12:11 メーターを戻す。

基本的に取付けの際は、とりはずししなくていいものは原則、元にすぐに戻す必要があります。※紛失防止の為

注:カーナビなどの取り付けの際には、装着すべきポイントに装着が完了したら、原則すぐに元に戻しておくのが鉄則です。特に今回はメーターパネルとフェイスパネルを取り外しているため、それぞれのパーツが混同してしまう可能性があります。また、すぐに元に戻しておけば一部のパーツを紛失するリスクも軽減できます。

F-150テスラナビ取付 メーターパネル外し

14:08 ダッシュボードの上の部品の取り外し。

助手席に移動をして、ダッシュボードの上の部品の取り外しをする。

注:特にダッシュボード上のパーツは紫外線や熱の影響を受けやすく、劣化が進みやすいパーツのひとつです。経年劣化が進んでいると、パーツそのものが脆く破損しやすくなっている可能性もあるため注意が必要です。

 

F-150テスラナビ取付 ワイヤリング

15:40 不要分はタイラップで変更。

注:純正ナビからテスラスタイルナビに変更したことによって接続不要となるケーブル端子もあるはずです。そのような端子はタイラップなどで適切に処理し、電装系のトラブルが起こらないように予防しておきましょう。

F-150テスラナビ取付 ナビ立ち上げ

16:00 Teslaナビ取付け。

Teslaナビ取付をしました。立ち上がりは35秒です。

画面が大きくなるとここまでイメージが変わります。このナビを設置すると今までできなかった画像再生やアンドロイドだからできることもすべて対応することができます。

注:各端子をテスラスタイルナビに接続し装着を行います。実際に装着しフェイスパネルを戻すと上記のような状態になります。スマートフォンやタブレットなみの高速起動でストレスも少なく、十分実用的といえるのではないでしょうか。

画面が大きくなると、ここまでダッシュボードのイメージが大きく変わります。テスラスタイルナビを設置すると、今までできなかったインターネット動画の再生やさまざまなアプリケーションなど、Android OSだからこそできることに幅広く対応可能になります。

 

F-150テスラナビ取付 配線接続確認

17:02 OBD2との接続の関係上、ハンドルの信号もナビに連動します。

通常は配線を引き直したり、探す作業をする必要がありますが、この「てすらstyle」については、配線が不要です。

注:純正ナビの使い勝手はそのままに、利便性を大幅に向上させることができます。

一般的な社外カーナビを装着する場合、通常は配線を引き直したり、既存の配線を探したりする必要がありますが、このテスラスタイルナビについては配線が不要です。

 

F-150テスラナビ取付 AC操作可能

19:42 ACの操作もナビで対応することができる様になりました。

シートヒーターについては、ここで使用することが可能です。

シートエアコンについては、ボタンがあれば、シートエアコンを使うことが可能ですが、使用できない場合があります。

注:もうひとつの快適装備であるシートヒーターについても、ここで使用することが可能です。

シートエアコン装着車の場合もテスラスタイルナビ上でコントロール可能ですが、当然のことながらシートエアコンを装備していないグレードの場合は使用できません。

 

F-150テスラナビ取付 未使用配線

20:52 キットに同梱・使用しなかった配線。

キットに同梱された配線ですが、使用しなかったものになります。

別モデルや、同一車両のバージョンに合わせて配線を選んで取付を行います。

注:同一車両であってもグレードやオプション装備によって配線パターンもさまざまなため、あらかじめ全てのグレードに対応できるように配線パーツはセットされています。それぞれのグレードやオプションに合わせて、適宜必要となる配線を選んで取り付けを行う必要があります。

 

F-150テスラナビ取付 画面感度調節画面

25:54 画面液晶の設定。

画面液晶の設定、アンドロイドはここは必須で変更をしたほうが良い箇所です。

反射が非常にまぶしく感じる場合があります、設定を行うことで、日中も見やすいです。

注:Android OSに関連する設定を行います。特にモニターの明るさは安全運転にも直結する部分なので、夜間にモニターが明るすぎて運転の支障にならないように適度に設定しておきましょう。

また、イルミネーションの配線を認識してないと、夜画面が眩しくなります。

DIY取付けでF-150の大画面モニターのアンドロイドナビに興味をお持ちになりましたら販売も行っております。

まとめ

それ以降の動画については、WIFIの設定や、取付についてのことは記載がかかったので割愛とします。それにしても大画面ナビテスラstyle、海外ではSEMAショーにも出ていたものなのに全然日本に・・・

日本に入っていないですね。。。。。

普段はあまり気にする部分ではないと思いますが、初めてテスラスタイルナビを使ったときに設定方法が分からず混乱してしまうことも予想されます。そのような事態にならないように、最低限のシステム設定方法は把握しておくことが重要です。

テスラスタイルナビに必要不可欠なWi-Fiの設定についても、この設定画面から個別にSSIDやパスワードを入力するとセッティングできます。これは一般的なスマートフォンやタブレットと同様のため、今回の記事では細かい解説は割愛させていただきます。

テスラスタイルナビは一般的なカーナビとは異なり、個別の車種ごとに専用のモデルが販売されています。取り付け位置の特性上、全ての車種に適合した大画面ナビを開発することは難しいためです。現時点でテスラスタイルナビの多くは輸入車の一部モデル向けに開発されているものばかりで、国産車に適合した商品はほとんど販売されていない状態です。しかし、トヨタのプリウスなど一部のグレードにテスラスタイルの大画面ナビが装着されはじめたことから、今後さらに需要は高まっていくと予想されます。

あとづけ屋では現在、アメリカ車、ドイツ車を中心としてアンドロイドナビ販売・出張取付け、設置も行っております。

アンドロイドナビ・テスラスタイルナビ販売OEMでの代理店窓口をしております。

テスラスタイルナビのような大画面ナビの装着を検討している方は、ぜひ一度あとづけ屋にご相談ください。

 

▼オススメ記事▼
車載用モバイルWiFiはどれがおすすめ?車内で利用する場合に注意しておきたいポイントも解説

Share this post