アンドロイドナビのすべてを管理するツール「全能ツールボックス」を使ってみた!

クリーンアップ中

アンドロイドナビのすべてを管理するツール「全能ツールボックス」を使ってみた!

アンドロイドナビのファイルを管理するには?

スタートアップ画面

アンドロイドナビだけでなくスマホでも、内部のファイルを確認したりするためには初期アプリとしてインストールされているファイルを使ったりする必要があります。

ファイル管理専用のアプリが必要になる

ファイル管理専用のアプリを使わないと見ることができないので、そのためだけにアプリをインストールして容量を使わないといけません。

ファイル管理専用だと、ほかの機能が付いていなかったりすることもあるため、ただ閲覧をするだけになったり編集するには他のソフトが必要になることもあります。

アンドロイドナビを高速化するには?

高速化とは、ストレージを開放したりしてメモリの容量を空けて動作を軽くすることを言います。

アンドロイドナビの動きが遅くなってきたりしたときには、高速化することによって前と同じスピードで動作してくれるようになったりしますので、意外と重宝する存在となります。

ストレージの管理やタスク管理をするアプリが必要になる

高速化するためには、アンドロイドナビの内部ファイルにアクセスしてメモリを解放するために、専用のアプリが必要になります。

ファイル管理とは違って初期アプリとしてインストールされていないものになりますので、自分で探してこなければなりません。

また、使い勝手の良し悪しもわかりにくく、本当にストレージが解放されているのかわからないアプリもありますので、厳選が必要になってきます。

アンドロイドナビを高速化してファイル管理を1つのアプリでしたい!

起動画面

ファイル管理も高速化もどちらも1つのアプリで行うことができれば、余計な容量を使わなくて済みますし、そのアプリさえ使っていればいいので利便性も向上するでしょう。

何を使うのが正解なのかは使ってみた人のレビューを見たりして模索するしかありませんが、アプリは数多く存在しているので選ぶのにも一苦労です。

どちらもできるアプリは数多くある

ストレージを解放したりメモリを解放したりして高速化を行うことができて、なおかつアンドロイドナビの内部ファイルにアクセスすることができるアプリは数多くあります。

その数多くあるアプリを1つ1つインストールして使っていくのは現実的ではありませんので、良さそうなものをいくつかピックアップして使っている人がほとんどになるでしょう。

使ってみて、あまり自分には合わないということもありますし、ジャストフィットすることもありますが、数多くあるアプリの中から私がオススメしたいのは「全能ツールボックス」です。

オススメは「全能ツールボックス」

クリーンアップ中

全能ツールボックスは、「全能」と名前に付くだけあって様々なことが行えるアプリになります。

全能ツールボックスだけでファイル管理や高速化ができる

この1つのアプリをアンドロイドナビにインストールしておけば、面倒な操作は必要なく、ファイル管理も高速化のどちらも行うことができます。

全能ツールボックスの使い方は?

アンドロイドナビに実際にインストールして使うための手順や、使い方についてご説明しましょう。

1.Playストアからインストール

インストール

まずは、他のアプリと同じようにPlayストアから「全能ツールボックス」と検索してインストールしてください。

アンドロイドナビに最適化されないと記述がありますが、問題なく使用できますので気にせず進めましょう。

2.アプリを開いてアクセス許可をする

アクセス許可

インストールが完了したらアプリを開きます。

アプリを開くとメディアやファイルにアクセスする許可を承諾するためのポップアップが表示されますので、アクセスを許可しましょう。

ここで許可しなければ先に進むことができません

3.現在の状態を確認

現状確認

現状のアンドロイドナビの状態が一覧で表示されますので、ストレージの容量などを確認してみましょう。

4.「クリーン」で破損したファイルなどを削除してストレージ開放

クリーン開始

まずは、ストレージの中にあるアプリなどの破損したファイルを綺麗に掃除するために「クリーン」をタップしてみましょう。

クリーン完了

クリーンを押すと自動でストレージの解放を行ってくれて、どのくらい解放することができたのか表示してくれます。

5.「」で使わないファイルを削除したりできる

高速化開始

クリーンでストレージを綺麗にしたら、続いて「高速化」をタップしてみます。

高速化はその名の通りで、アンドロイドナビの動作速度を元に戻してくれます。

高速化完了

こちらもクリーンと同様にどのくらいのファイルを削除したのか教えてくれますよ。

6.「CPUクーラー」で温度を下げる処置を行う

CPUクーラー開始

アンドロイドナビには必要ないと思うCPUの温度ですが、車の中で使っていても温度が高くなれば動作はもたつきますし、不具合を起こしてしまうことがあります。

そのため、必要に応じて「CPUクーラー」をタップしてみましょう。

CPUクーラー完了

温度がどのくらい下げることができるのかを表示してくれます。

7.必要なファイルや画像などのデータを確認できる

ファイル管理

最後に「ファイル管理」をタップするとアンドロイドナビに保存されている画像や音楽ファイルを見ることができます。

インターネットからダウンロードしたファイルも見ることができますので、仕事でも使うことができるアプリです。

全能ツールボックスを使って更にアンドロイドナビを快適に!

ここまで全能ツールボックスの使い方をご説明しましたが、使い方は人によって様々ありますのでご自分の手で触ってみてより使い勝手がよくなるようにしてみてください。

アンドロイドナビを快適に使うことができるようにするためのお助けアプリ「全能ツールボックス」はオススメですよ!

 

類似記事、こちらもチェック⇨https://multiple-co.com/2020/05/27/task_android

Share this post