アップル次世代【CarPlay】を発表!2023年以降のCarPlayに期待大。【WWDC22:最新情報】

AppleCarPlayでiPhoneと車を接続

アップル次世代【CarPlay】を発表!2023年以降のCarPlayに期待大。【WWDC22:最新情報】

2022年6月6日発表 最新情報

米Apple(アップル)が、6月6日(現地時間)に、開発者向けイベントWWDC2022にて、【次世代CarPlay】を発表しました。

今回の発表では、その機能やデザインの一部が発表されましたが、すでに想像と期待が大いに膨らむ内容となっていました。

WWDC2022プレゼンテーション

次世代AppleCarPlayでできること

今回の発表では、新たな機能とデザインなどの一部が発表されました。

今までのCarPlayといえば、車両情報を表示・制御するものではなく、先述した通りあくまで『iPhoneの一部機能を車両ユニットに表示して使うもの』として機能していました。下の写真が今までのAppleCarPlayです。

今までのAppleCarPlayを車に表示

その機能は、ナビ・音楽・通話などかなり限定されていました。
大変便利な機能であり、ひと昔前、FMトランスミッターに感動した世代からするとこの時点ですごい進化でした。

一方、『次世代CarPlay』では、単に今までのCarPlayの”アップデート”と考えるのは、甘い。と感じるほど大きな進化を遂げています。

AppleCarPlayでiPhoneと車を接続

いかがですか?ドキドキしました?

では、新しいCarPlayでなにができるのか、、WWDC2022で発表された内容を見ていきます!

車両すべての画面へCarPlayを表示

今回の次世代CarPlayの発表の中で、『車両すべての画面へ情報を表示する』という内容が含まれており、これは今までのCarPlayとの大きな違いです。

近年、新型車両はカーナビ部分だけでなく、メーターパネルへも液晶モニターを搭載した車両が販売されていますが、2023年以降は全画面モニターが主流となると予想されます。

そして、次世代AppleCarPlayを搭載することで、すべての画面でCarPlayが表示可能になるということです。
そうすることで、非常に統一された美しい表示を実現しており、直感的に情報を理解することの助けとなるでしょう。

CarPlayで車両情報の表示が可能に

もうひとつ驚いたのは『車速メーター』が表示されていること。

下の写真は、一見普通のメーターに見えてCarPlayを利用して表示しているメーターパネルです。

AppleCarPlayで車速メーターの表示が可能に

次世代CarPlayでは、車両のコンピューターと繋がることで様々な車両情報を表示できるようです。

  • 速度
  • エンジン回転数
  • ガソリン残量
  • 水温計

これは、今までのCarPlayとは全く異なる機能です。

表示デザインのカスタムが可能に!?

先述したメーターパネル部分の表示ですが、なんとユーザーの好みにデザインスタイルの選択ができるそう。

車両の内装までこだわる時代。CarPlayでの表示面積が増えた分、好みにカスタムできるのは嬉しい機能です。

AppleCarPlay画面カスタム1

AppleCarPlay画面カスタム1

CarPlayで車両の機能の制御が可能!?

今回のWWDC2022にて紹介された動画内には、車両機能を制御している内容が映っていました。

メーターパネルと同様、車両コンピューターとリアルタイムに繋がることで

  • エアコン
  • シートヒーター
  • ハンドルヒーター

などが操作できるようになるようです。

今までのCarPlayでは、一度CarPlayの画面から純正の操作パネルに表示を切り替え操作する必要のありましたが、次世代CarPlayではより直感的に操作可能になります。

次世代AppleCarPlay搭載の車両メーカーは?

2023年以降に販売の次世代AppleCarPlayを搭載するであろう、車両メーカーも発表になりました。

次世代CarPlayは、詳細発表を2023年後半に控えているため取り扱いメーカーが増えることもありそうですが、今回発表となった下記のメーカーはおそらく搭載が決まっていることでしょう。

次世代CarPlay搭載車両メーカー

  • ランドローバー
  • メルセデス・ベンツ
  • ポルシェ
  • 日産
  • フォード
  • リンカーン
  • アウディ
  • ジャガー
  • アキュラ(ホンダ)
  • ボルボ
  • ホンダ
  • プジョー
  • インフィニティ
  • ポールスター

【余談】

ここまで名高い自動車メーカーが名前を連ねているなか、BMWとトヨタの名前がありません。
そこで気になるのは、2022年トヨタから発売された新型ボクシィにBMWのCarPlayが搭載されていたことです。
ここからは、勝手な予想となりますがBMWとトヨタは共同でCarPlayを開発しているのでは?という憶測もあります。
今回のApple(アップル)の次世代CarPlayの発表に名前が入っていなかったのも納得です。

今後発表されるかもしれない、BMWや各メーカーの新型CarPlayにも期待です。

AppleCarPlay今後の公式発表に期待

WWDC2022でのApple(アップル)の公式発表は、次世代CarPlayの一部機能が紹介され、詳細の正式発表は、2023年の後半になるという内容でした。

その詳細発表の中に、”使用可能なアプリ”というニュアンスが出ていたので、今までのCarPlayでは使用できなかったアプリケーションが使用可能になるかもしれません。

2023年の公式発表が今から待ち遠しいですね。

今後の進展に期待して、引き続き『次世代AppleCarPlay』の最新情報に目を光らせていきます。

あとづけ屋では・・・

今回はAppleCarPlayについて紹介しましたが、あとづけ屋では新型車両でなくても車にAndroidを搭載し新型車両同様の機能を使えるようにする為、日々新たなユニットの開発を行っています。

AppleCarPlay搭載の新型車両の発売は、まだ先ですし、、今のお車をまだまだ大切に乗りたい。

そんな方は、ぜひハイテックナビの搭載もご検討ください!

愛車の機能を新型車のようにグレードアップします。気になる方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▶あとづけ屋:https://multiple-co.com

ハイテックナビの機能性を”動画で確認したい”方はこちら↓


 

Share this post